釣りバカ家族のワイワイ日記


重症児で車いすの息子。からだは小さくて不自由だけれど、やりたいこといっぱい。その息子と父と母の3人,キス釣り大好き家族の日記です
by turibakakazoku
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

想定外のできごとの巻   9月29日(木)

きのう、広島市民病院へ健児の定期薬の日で小児科へ行く日だった。
予約時間は10:00~10:30。
「この時間、五日市からなら30分で着くだろう。」と、9時10分に家を出た。

案の定、9時50分には病院へ入れた。

し・か・し。。。ここからが想定外の出来事の始まりであった

番号札は『117』番。着いたときの呼び出し番号は『112』番。「これなら10時半には順番回ってくるね~。ルンルン・・・。」

10分経った。・・・まだ、『113』番が呼ばれない。・・・20分経った。まだ『113』番が呼ばれない。・・・30分、40分・・・ずぅ~っと呼ばれない。
ついに1時間経った。・・・まだ呼ばれない。そろそろ心細くなってくる。
そして、1時間半経った。

あまりにも次が呼ばれないので、看護士さんに「どうなってるんでしょうか?」と聞いたら、「ごめんなさいね。」今『113』ばんが入られたので、今からの人は再診の方ばかりだから11時半過ぎにはお呼びすると思います。」と言われた。
どうも急患で重症だったのだろう・・・。

仕方がないことなのだが、せめてどうして呼ばれないのか説明がほしかった。(内科では放送していたのに・・・)

やっと呼ばれて診察が終わり、薬をもらって家に帰ったのが13時半だった。
「予約の意味がないじゃん~。」と、思ってしまった1日だった。
[PR]

by turibakakazoku | 2005-09-29 18:11 | ひとりごと
<< ふじつぼバンド、演奏めじろ押し... 山陰 検索の旅~2~  9月2... >>