釣りバカ家族のワイワイ日記


重症児で車いすの息子。からだは小さくて不自由だけれど、やりたいこといっぱい。その息子と父と母の3人,キス釣り大好き家族の日記です
by turibakakazoku
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

いまさらですが  8月11日(木)

 いまでこそ9割がた回復した健児。
 あいかわらず私の前では素直ではないが(フッ~)、このまえの病気の間を考えればずいぶん素直だ。

 ほんとうに困ったもんだ(-_-;)

 点滴中は目が離せなかった。

 熱は高くても「釣りに行かせろ!」って感じで気持ちが元気だったものだから、点滴に腕を固定させられてウズウズしていた。
そのウズウズがイライラに変わったとき、猫は虎になった(@_@)!!!

 腕を振り回し始めたのだ(-_-;)オイオイ・・・

 「やめんさい!!」
いくら言ってもどんどんエスカレートしていく。振り回すは引っ張るは・・・・。
 「自分が食べれんけぇ点滴しとるんじゃろ~。漏れるよ。」
 「そんなに引っ張ったらチューブが抜けるじゃろ~。」

 無視・・・ こいつは!!!!(怒)d0012905_9371428.jpg

 このバトルを5日間もくり返した。

 つかれた~~~(^_^;)
 気持ちは手に取るようにわかるが、親としてはせめてこの間だけでもじっとしてもらいたい。

 それに拍車をかけるように家では薬を飲まない。「飲まんと治らんよ!」と、言っても「にがい。」と、言って飲まない。
「すみません・・・。美味しいのをお願いします・・・」と、先生に頭を下げる自分が情けない。

 この1週間、夏バテとも重なって精神的に疲れた釣りバカ母だった。

 コメントをくださったたくさんの皆さんの言葉に自分を取り戻せたのだった。本当に感謝してます。

p.s. 看護婦さんが来るととたんに、虎が猫の変わるこの事を「豹変する」というのだと、身  にしみてわかった母であった。
[PR]

by turibakakazoku | 2005-08-11 08:25 | ひとりごと
<< 釣りバカ母のもらいもの  8月... 寝息の音  8月9日(火) >>